mikuもakatsukiファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶらりぶらりの町歩き in 新居宿〜白須賀宿

<<   作成日時 : 2017/06/03 20:37   >>

ナイス ブログ気持玉 144 / トラックバック 0 / コメント 16

緑が濃くなり、桜の木に小さな実がなっているのを発見

この季節の爽やかさが嬉しい今日の花日よりの一枚は…

画像



池に咲く花はアヤメでしょうか

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ、全く区別できません

花の筋でわかるといいますが、どうおも…

池などの湿ったところを賑わす花が、夏本番を告げていますね

                        


ぶらりぶらりの旧東海道歩き、いよいよ、長かった静岡県も西の端に入りました

画像



新居(あらい)は、浜名湖の西岸の宿場、日本橋から269,4`、31宿目になります

浜名湖と遠州灘がつながる開口部にある為

新居から約6キロ離れた対岸の舞坂との間を

「今切の渡し」と呼ばれる渡し舟で結ばれていました

広重の浮世絵の中央、舟を先頭に

参勤交代の大名が水面を行く様子が描かれています

こうした地形を自然の要害と考えた徳川家康は

慶長5年(西暦1600年)に渡船場に今切関所(新居関所)を設置して

「入り鉄砲と出女」を水際で厳しく取り締まることにしました

今切(新居)関所は東海道の通過だけでなく、今切港の検閲も兼ねていのです

もともと浜名湖は淡水湖でしたが、室町時代の地震で海岸に切れ目ができ

海と繋がってしまい切れた部分を「今切り口」いい

現在では、浜名湖バイパスの「浜名大橋」がかかっています

画像


ここからの夕日が絶景とか

新居関所跡は全国で唯一、当時の建築が残る貴重な国の特別史跡です

画像




画像画像




































平屋の建物や前庭に敷かれた砂利と黒い門が風格を物語っています

新居宿には旅籠が残されています

画像画像





































関所の近くの「紀伊國屋」は、間口五間(約9m)の平屋造りで

部屋の数は十二の新居宿25軒の中でも最大級の旅籠でした

紀州藩が御用宿としており、公開されています

宿泊代は200〜300文でしたから、一文20円と考えて4000〜6000円ということでしょうか

紀伊國屋の名物「鰻の蒲焼」は人気があったようです

                        



ちょっと寄り道して、湖西市にある本興寺と豊田佐吉の生家を訪ねました

本興寺はJR鷲津駅から20分くらいの所にある国の重要文化財に指定されています

北原白秋がこの寺を愛したことでも有名です

画像



画像画像
































広い境内は静寂さがあり、大きな樹木が暑さから守ってくれています

画像画像


































黒塗りの山門、白秋の歌碑、回廊からの庭園の眺めも素晴らしいです

冒頭の池の画像はここの庭園の様子です



湖西市が誇る偉人、それは、豊田佐吉です

さらに20分ほど歩いた田園地帯に「豊田佐吉記念館」がありました

画像



豊田佐吉は、1867年(慶応3年)に湖西に生まれました

佐吉の志は自動織機の発明にとどまらず、日本の産業の発展へと広がりました

世界的発明家の小さな原点がここにあるのです

生家は1990年10月に復元されています

画像画像



































画像画像








































貧しかった家のために、夜な夜な機織りする母の姿を見て

自動織機の発明を考案し、当時世界一とも評価される『G型自動織機』を完成

その弛みない研究と創造の精神は脈々と受けつがれ

現在のトヨタグループの礎となるのです

展望台からは北浜名湖の眺めがよく、佐吉の心の支えとなったことでしょう

画像



生家の周りは水田になっていて

佐吉は、ここらを駆けずり回ったかも知れませんね

次の32宿目の白須賀宿はかなり遠いので、車でざっーと回りました

海の香りのする古い町並みが残っていました

画像



太平洋の大海原が見える白須賀宿、壮大ですね

これで静岡県ともさようならです

22宿を何カ月かかったでしょうか

最東の三島宿から始まった静岡県の街道歩き

確か、昨年の4月だったような…長かったなあー

ここ白須賀宿でおしまいになりました

今月はいよいよ三河の国に入ります






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 144
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
まるで旅行をしている気分になりました。
昔の人は歩いて越えた道も、今では夢の様な世界ですね・・私も小学生のとき、いつかきっと車の運転をしてみたい〜そして、できれば飛行機に乗ってみたいとと思ったものです。

18歳になって免許を取り車に乗ります。
今では、飛行機も移動の手段・・すごい時代になりました〜考えれば夢の世界です。
夕焼け
2017/06/03 21:50
浜名湖の鰻は、江戸時代から
有名だったんですね。
その当時の関所や旅籠の建物が
残っているのもいいなと思います。
渡し場が設置されてるせいもあるのか、
東西の食の文化の境界になってる
という話も興味深いですね。
yasuhiko
2017/06/03 22:58
東海道の旅は、大井川があり、浜名湖があり、旅も簡単ではなかったことが、今更のように確認されます。
それで、足止めをしていたのですから、それも施策だったんですね。
三河の方では、トヨタ関係の会社に勤める人が多いので、佐吉記念館を訪れたことのある人も多いですが、私は今のところ、まだご縁がありません。
カタログで見ただけです(笑い)。
いよいよ愛知県に来られますね.お元気で、頑張ってください。
りりい
2017/06/04 09:46
梅雨の季節になるとアヤメの花に菖蒲の花が良く似合いますよね〜♪
新居関所跡は貴重な建物が沢山残る重要な国の特別史跡なんですね。
紀伊國屋と言えば創業者の紀伊國屋 文左衛門が有名ですが当時の建物が残っているのは貴重ですよ〜♪
トヨタ財閥の創始者豊田佐吉さんの記念館私も行ってみたい場所です。
sabatora nyanya
2017/06/04 10:05
ミックンさん、いよいよ三河の国に入られるのですね!
浜名湖は身近ですが、知らない事ばかりが多くミックンさんに教えていただいています。
31番新居の関所は船で渡る江戸への関所だったのですね。32番白須賀の遠州灘の高波が押し寄せる壮観な浜辺をよく見に行きました。
今残る三大関所は「箱根・新居・気賀」で、船の新居関所を避けて、姫街道を使う気賀の関所もありました。今大河ドラマで、気賀のにぎわいをしていますね。
湖西市の「豊田佐吉記念館」には行っていませんが、
愛知県にもありますよ。
39番池鯉鮒、40番鳴海宿の間に「有松」があります。
豊明市と有松に「桶狭間古戦場」もあります。
6月3日4日、「有松絞まつり」「豊明古戦場まつり」が今日行われています。
車もご利用なさるのですか?旧東海道を全部歩くとは限らないのですね!?
旗を持って応援に行きたい気持ちでいます。




みっきい
2017/06/04 17:47
私も アヤメ カキツバタ ショウブの区別はつきません。
教えてもらったのですが 忘れてしまいました〜。
トヨタ自動織機は 有名ですね。
この方があったからこそ 日本の産業が発展していったと思うと 足を向けて寝られません。
どの方角かは わかりませんが〜。
あさがお
2017/06/04 22:26
ミックンさんも何ヶ月もかかってここまで来られたという事は参勤交代のお殿様たちも江戸へ向かって苦労しながら江戸に居る妻たちに逢いに行ったんですね。
それで宿場町が栄て発展して、家康公は頭のいいかたですね。
豊田佐吉さんは現トヨタ社長豊田章男さんの祖祖父です。直系で4代続いて世界のトヨタに発展している事は凄いと思います。
三河の旅を楽しみにお待ちしています。
みなみ
2017/06/06 12:48
ドラマでリーダーズというタイトルだったか、トヨタの国産自動車の話がありました。
この豊田織機のおかげで資本があり、何とか作られていくということでしたが、ものを作るという精神は子孫にも受け継がれていくんですね。
コマダム
2017/06/06 16:33
夕焼けさん、こんばんは
東海道をテクテクと歩いた後、で東京に戻りますが、2日間かけて歩いた道も一気に何分後には戻るのです。ガッカリというか、文明の進歩をこんなところに感じながらも、また、同じことに挑戦してしまうのです。今回も、新居宿辺りは電車を右手に見ながらでしたから、帰り道は「アーア」の気分になりました
ミックン
2017/06/06 20:40
yasuhikoさん、こんばんは
浜松辺りまではまだ、関東の文化圏のようですね。しかし、次の三河に入ると東西の文化が混在しているでしょう。西へ西へと進みながら、その土地ならではの食や風習を調べていくのも興味深いです。今月中旬には、三河に入ります
ミックン
2017/06/06 20:45
りりいさん、こんばんは
豊田佐吉の記念館、ここはよかったです。お勧めですよトヨタ関係の社員教育だけでなく、ほかの会社の方も研修に来られるそうです。それだけ、佐吉の偉業が世の中を動かしたということでしょう
ミックン
2017/06/06 20:48
sabatora nyanyaさん、こんばんは
浜松市の一番西に位置する新居宿や白須賀宿、小さな町なのですが、見ごたえのある宿場でした。時間があれば、是非、この佐吉記念館にお出かけください
ミックン
2017/06/06 20:55
みっきいさん、こんばんは
色々と情報を頂き、ありがとうございました
仕事しながらですので、なかなか、先に進みません今月中旬にリベンジで大河の井伊谷に行きたいし、姫街道も歩きたいと欲張りもあって三河の吉田宿までと考えています。旧街道は駅から離れている時は、今回のようにタクシーを使いました(今回初めて)
池鯉鮒は親戚がいたところで興味深いです。だんだん東京から離れているので、効率よく歩けなくて…これが難点でして池鯉鮒辺りは秋口になるかなあ
ミックン
2017/06/06 21:07
あさがおさん、こんばんは
街道歩きが本命ながら、土地の自然や美味しいものを見つけるのも楽しく、どちらがメインかわからないこともあって
佐吉さんの偉業、家族思いの佐吉さんは、これからの子どもたちにもしってほしいなあーと痛感しました 
ミックン
2017/06/06 21:12
みなみさん、こんばんは
現在と違って、かなりの条件が揃わない中、3年に一回の参勤交代の勤め、家康の野望も凄いものでしたね。特に外様大名は遠方からの旅で、これでは、江戸幕府に反抗できる財がありませんねうまく考えたものです。街道周辺も潤うわけですから、、その戦略は、現代人も学ぶことが多いでしょう。
ミックン
2017/06/06 21:20
コマダムさん、こんばんは
豊田佐吉の偉業は今にも通じる所大ですね。貧しい家庭だったにもかかわらず、教育の大切さを説いていた母の存在も大きかったと思います優れた業績を発揮した偉人と言われる方の中には、小さい頃の貧しさが土台になっている場合が多いですね。
ミックン
2017/06/06 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぶらりぶらりの町歩き in 新居宿〜白須賀宿 mikuもakatsukiファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる