mikuもakatsukiファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶらりぶらりの町歩き in二川宿

<<   作成日時 : 2017/07/06 22:23   >>

ナイス ブログ気持玉 161 / トラックバック 0 / コメント 16

今年はじめての台風が日本列島を横断しらち

梅雨前線により、各地で大雨の被害が出ています

お見舞い申し上げます

こちら東京は、台風後は一気に気温が上がり

ムシムシしたイヤーな天候になっています

明日は七夕、そこで、今日の花日よりの一枚は…

画像



こんな七夕飾りはいかがでしょう

普通は、紙の短冊に願い事を書いて…ですが

この七夕飾りはよく見ると、紙ではなく、女性の帯揚げというものを使っています

何と、優雅で日本的でしょうか

我がぶらり ぶらりの町歩きの旧東海道も

日本橋から281`、33宿目は愛知県豊橋市にある二川(ふたがわ)宿

その宿場町の一角で見つけた七夕飾りです

今回から初めて愛知県に入りました

長ーい静岡県は、11宿目の三島宿から始まり

西の端、湖西市の白須賀宿まで21宿ありました

昨年の5月に三島宿を歩きましたので、丁度、1年かかりました

本当に長ーい旅でした

さて、三河の国その一宿目は…

画像


二川宿は本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠38軒、長さ1,3`の小さな宿場町でした

広重の描く浮世絵の副題は「猿ヶ馬場」と言う丘陵地

豊臣秀吉がこの茶屋で食べたものが柏餅の始まりといわれており

この地の名物で、浮世絵の左下の茶屋が描かれています

宿場は、幾度か火災には遭っていますが、その都度再建され

戦災からも逃れることができたので古い町並みがそのまま残っています

画像画像







































真っすぐに伸びる旧街道と道路沿いの軒の並びに往時を偲ぶことができます

町の家々にはこのような宿場の暖簾がかかり

「おもてなし」の心が伝わってきます

その中でもひときわ大きな商家が見えてきます

画像



画像



江戸末期の建物として保存されている市の有形文化財の「駒屋」

東駒屋は現在も味噌や醤油を販売しています

店の前を通る時、ほんのりと香りが漂ってきました

さらに西に進むと、二川宿本陣跡が見えます

「本陣」というのは、江戸時代に、公家や大名、幕府の役人などが

宿泊したり、休憩した施設です

一般的には宿場の中央にあり

大きな間口を占め、門・玄関・上段の間を備えた堂々とした建物でした

江戸後期の東海道の宿場には111軒の本陣がありましたが

今では、草津宿とここ二川宿の2ヶ所のみが現存しています

画像



画像



画像



度重なる火災で本陣が再起不能になり、1807年〜明治3年の本陣廃止まで

馬場彦十郎が現在の地で本陣を経営していました

本陣開設当初は間口が17間半(約32m)もあったというから

現在は、本陣資料館として一般公開されています

お茶室で一休み

画像画像












































茶室の花は、キキョウとホタルブクロでした

後ろにある掛け軸の文字一華開五葉(いっかごようをひらく)とは…

  一輪の花が五つの葉を茂らせ、放っておいてもその実は自然に実る

  一般の家庭では、家業や子孫の繁栄を祝う語として用いられている句

このように係の方に教えていただきました

これは、座右の銘になりそうです

のこ本陣には、14代将軍徳川家茂もここで休憩し

その時新しく作られた雪隠もみられます

大きな個室と大きな雪隠に

資料館内は街の女将さんたちの手作り品が並べられています

画像画像








































七夕が近づいていますからね

この本陣跡の東には、一般人が宿泊した旅籠屋「清明屋」が復元されています

画像


「清明屋」は、文化時代の1817年に建てられ

主屋・繋ぎの間・奥座敷で構成されていて

当時の、江戸末期の旅籠屋を再現しています

今、江戸時代の旅が甦ります

                                

    
二川宿、いいとこ見つけ

画像



何かわかりますかもう少し近寄ってみましょう

画像



町の消防施設のシャッターも旧東海道

画像



子どもたちも町おこしに参加しています

画像



人間だけではないようです

にゃんも街道筋を歩く人を応援してます

画像



「うば車」、死語ではなかった

画像



画像が暗くはっきりしませんが、これはツバメの巣

各家の玄関にこのようにツバメが巣を作り飛び交っています

癒されるなあー

二川宿も終盤ににかかると、家が少なくなってきました

西の入り口は往時の雰囲気が少なくなり

火打坂という交差点辺りは人に逢えませんでした

一説によると、三河は、家康の影響が大きく

人ものんびりしているといいます

それに比べ、美濃は

信長の気質に似ていると言いますから…ご想像まかせにしますが…



次の吉田宿まで6`ほど、暑さとの戦い、頑張ろう

                        

明日の七夕には、豪雨被害が治まることと、ぶらり旅の安全

この二つを☆に願いたい思います










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 161
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
明日はもう七夕ですね。お天気が良いと良いですね。
旧東海道の旅、愛知県に入りましたね。
こちらへ近づいてきました。旧東海道は名古屋の熱田から七里の渡で海路を通り、三重県の桑名へと続き残念ながら我が県は通っていません。
三河は家康の影響でのんびり、美濃は信長の気質に似て??そうでしょうか。当たってないと思いますよ(笑)
まだこれから京都まで歩かれるのですか?ゴールまで頑張ってくださいね。
eko
2017/07/06 22:47
おはようございます。
ぶらりぶらりの町歩き、いつも楽しく
又素晴らしいなと感心して見させて
もらっています
七夕のお願い私も豪雨災害の早い
復旧とぶらり旅の安全をお願いしますね
ゴンマック
2017/07/07 05:36
今日は七夕まつりですね。
短冊には「九州豪雨」のおさまることを願いたいですね。そしてミックンさんの旅の安全も願いたいです。
二川の七夕の短冊は絞りの帯締めでしたか!?
ようこそ!愛知県へ!二川の宿のレポート!ステキに書いてくださいましたね。
今残る本陣は二川と草津だけだそうですね。
二川本陣は今、資料館になっていますが、今年3月におひな様を見に行き、雪隠見てきましたよ!
三河は「人がのんびり…」、「ねぇ、ねぇ」と言うとき「のんほい!」とも言って、「のんほいパーク」は豊橋の総合動植物園で、二川にあります。
旧東海道も国道一号線と並行してますね。
吉田の宿まで6q、歩いたことがないもので、どんな豊橋を見ていらっしゃったのか??とっても楽しみに致しております。
みっきい
2017/07/07 17:20
始めの方の写真には人の姿が入っていませんが、早朝だったんでしょうか?
それとも単に人通りが少ないのかな?
宿場町の面影を大事に、そして、観光の起爆剤とされようとしておられる気がします。
暑い日が続きます、のんびりゆっくり歩みを進めてくださいね。
コマダム
2017/07/08 22:10
帯揚げを使った七夕飾りですか。
それはまた女性の華やぎを
感じさせる粋な風習ですね。
所変れば品変るという事でしょうか。
歴史ある宿場町の雰囲気も素敵です。
yasuhiko
2017/07/08 23:27
七夕の日は何時もお天気が不安定ですが今年は九州北部地方に大きな被害をもたらし犠牲になられた方々の安否が心配です。
七夕飾りに女性の帯揚げを使用しているのも確かに日本的で素敵ですよね。
旅籠屋「清明屋」の復元は凄いですね〜♪
当時の様子がリアルに再現されるし今にも動き出しそうな蝋人形に圧巻ですね。
高柳うば車店にはネーミングにビックリですが、確かにうば車は死語では無かったって事ですニャ〜(=^▽^=)
sabatora nyanya
2017/07/09 00:39
往時をしのびながら 暖簾のかかった
町を散策。癒されますね。
一華開五葉 意味が解ると 
花を生ける時 葉の位置にも 気を
配らないといけませんね。勉強になりました。
フラバーバ
2017/07/09 10:07
ようこそ、愛知県へお越しくださいました。
豊橋の二川は、その近くののんほいパークへ、子どもが幼稚園の遠足で行きました。
往きは、幼稚園バスで子どもだけ行ったのですが、夕方から名古屋へ子どもと行かなければならない用事と重なり、二川まで迎えに行ったことがあります。(なつかしい)
ひな祭りの時期になると、吊し飾りでニュースに良く出てきます。
和服の帯揚げを七夕飾りに使うとは、風雅ですね。
私も、「一華開五葉」という言葉、私も大変勉強になりました。
りりい
2017/07/09 16:29
ekoさん、おはようございます
やっと、本当にやっとなんですが愛知に入りました
三河、美濃とまだ続きますが、暑いし先に進めるかだんだん遠くなると行きたいところにいけず、リベンジ状態で、これまた、先が思いやられます愛知県の2つの気質については、そういってる方もあるということで、お許しを
ミックン
2017/07/11 04:24
ゴンマックさん、七夕の☆に旅の安全を祈願していただき、恐縮します、ありがとうございました。いったいいつのなったら、京の三条大橋にたどり着くやら、本当に弥次喜多道中になってきました
ミックン
2017/07/11 04:28
みっきいさん、おはようございます
流石はご当地の方、いろいろと詳しいですね二川の本陣跡、本当によかったです。よく整備されていて、ここは皆さんにお勧めできますね豊橋の吉田宿も満足に見られず、時間がかかるばかりですので、今月にリベンジしてきます良い情報がありましたら教えてください
ミックン
2017/07/11 04:33
コマダムさん、おはようございます
二川宿は日中でしたが、歩いている人が殆どいなく、こんな素晴らしい宿場町なのに、もったいないと思いましたよ。本陣跡も人が少なく、ほとんど独占しました。七夕飾りの、あの帯揚げ、風情があってよいなあと思いませんかこんな短冊、はじめてでして…
ミックン
2017/07/11 04:38
yasuhikoさん、おはようございます
風情のある短冊は地元の有志の方の手作りです。素晴らしいアイディアと心遣いに大きな拍手を送りました町ぐるみで、宿場を盛り上げる取り組み、皆さんにもっと知っていただきたいですねぇ
ミックン
2017/07/11 04:41
sanatora nyanyaさん、おはようございます
江戸の時代から当主の方が頑なに守ってきた本陣跡が今の世でもこうして眺められるということがどんなに素晴らしいプロジェクトなのか、多くの方に知らせたいものです。小さな町の一生懸命のおもてなしに心打たれましたあとは、皆さんに出かけていただきたいと思いますが…四国からでは遠すぎるかァ
ミックン
2017/07/11 04:47
フラバーバさん、おはようございます
お茶の心得のおありの方にはこんなことを申し上げてすみません。肝に銘じたい心をご理解いただければ幸いです日本の文化、大切にしたいですね。東海道を歩いていて、ただ歩くだけでなく、このような副産物に出会える楽しみがあります
ミックン
2017/07/11 04:53
りりいさん、おはようございます 二川宿の近くに子どもが喜ぶ「のんほいパーク」というのがあるのですね。地図で確かめましたよ。東海道筋のすぐ南側だったのですね。そういえば、看板が出ているのを思い出しました「のんほい」、いかにも二川らしいネーミングです。乳母車のお店の看板といい、消防自動車のシャッターといい、はんなりした人の好さの伝わる素晴らしい町でした。雛飾りも素晴らしいだろうなあと想像しています、ありがとうございました。
ミックン
2017/07/11 05:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぶらりぶらりの町歩き in二川宿 mikuもakatsukiファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる